留学保険、AIU海外旅行保険

留学保険、AIU海外旅行保険等が簡単・便利なオンライン契約に。AIUの留学保険・ワーキングホリデーの保険の代理店
留学保険、AIU海外旅行保険
Home
Home>トピックス
留学保険 オンライン申込
留学保険 資料請求
申込方法
留学保険/ワーホリの保険
安心のサポート
保険料
海外駐在員保険
保険料(駐在)
保険料(出張)
海外旅行保険
保険料
オンライン申込みの手順
オンライン契約
法人向け保険
24時間事故受付
資料請求・お問合わせ
AIU 留学保険
運営会社:
 AIU専属WEB代理店
 株式会社リンクス
〒224-0003
横浜市都筑区中川中央1-33-3
ビューローパラッツオ 4階
Tel.:045-914-7490
Fax.:045-914-7491
メールアドレス
トピックス
会社概要
プライバシーポリシー
リンク集
サイトマップ

トピックス

XML RSS

海外旅行保険と鳥インフルエンザ

海外の一部地域では、「鳥インフルエンザ」がトリから人体に感染し、発症した事例等も報告されており、今後はヒトからヒトへの感染が懸念されています。海外旅行保険における鳥インフルエンザ*の取扱を次のとおりまとめましたので、ご参考にご利用ください。

AIUでは、2005年6月より、「鳥インフルエンザ」を旅行終了後30日以内に治療を受けた場合に保険金の支払対象とする感染症に含めています。

「鳥インフルエンザ」とは:高病原性鳥インフルエンザをいいます。高病原性鳥インフルエンザとは、鳥インフルエンザのうち、死亡率が高いか、ウイルスが変化して死亡率が高くなる可能性のある特定のウイルスのものをいいます。


エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、ペスト、マールブルグ病
ラッサ熱、コレラ、黄熱、回帰熱、コクシジオイデス症、
デング熱、発疹チフス、マラリア、重症急性呼吸器症候群、

新(2005年6月以降)
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、ペスト、マールブルグ病、
ラッサ熱、コレラ、黄熱、回帰熱、コクシジオイデス症、
デング熱、発疹チフス、マラリア、重症急性呼吸器症候群、
顎口虫(がっこうちゅう)、ウエストナイル熱、リッサウイルス感染症、腎症候性
出血熱、ハンタウイルス肺症候群、高病原性鳥インフルエンザ、
ニパウイルス感染症、赤痢、ダニ媒介性脳炎、腸チフス、リフトバレー熱、レプトスピラ症

感染症については、次のような補償があり、一般の疾病と異なる補償内容となっています。

【関連特約:疾病治療費用担保特約条項、疾病死亡危険担保特約条項、治療・救援費用担保特約条】

治療費用に関する補償
・責任期間中に感染し、旅行中または旅行を終了した日を含めて30日以内に発症し、その治療に要した費用。
・法令に基づき公的機関より命じられた消毒費用
・旅行行程を離脱した場合には、交通費と宿泊費が対象
・入院した場合には身の回り品が5万円限度として対象   等

死亡に関する補償
・責任期間中に感染し、旅行中または旅行を終了した日を含めて30日以内に死亡した場合、疾病死亡保険金が支払われます。

「鳥インフルエンザ)に関するQ&A
1
Q:鳥インフルエンザ*は海外旅行保険で対象になりますか?

A:責任期間中(保険期間中かつ旅行行程中)に感染したものであれば対象になります。鳥インフ
ルエンザ*は別表に掲げる感染症のひとつですので、帰国後であっても30日を経過するまでに医師の治療を開始すれば対象になります。ただし、帰国後に感染したものと判断された場合は対象外です。
(支払責任の変更に関する特約 第2条(1),治療・救援費用担保特約 第1条@(2)ハ,疾病死亡危険担保特約 第1条@(3))

2
Q:出発予定の空港が鳥インフルエンザ*の発生により封鎖されてしまったので別の空港に移動するか再開されるまで待たなければなりませんが、その交通費や宿泊費は対象になりますか?

A:航空機遅延費用等担保特約をご契約いただいていれば、封鎖により航空機が6時間以上遅延または欠航し、6時間以内に代替となる他の航空機を利用できない場合に余分に負担した交通費や宿泊費等が対象になります。
(支払責任の変更に関する特約 第10条,支払責任の変更に関する特約(治療・救援費用担保特約用) 第9条)

3
Q:到着予定の空港が閉鎖された場合はどうですか?

A:残念ながら、航空機遅延費用担保特約では到着地の変更に関わる費用は対象とはなっていません。ただし、出発前の時点で予定していた航空機が欠航してしまったことにより航空機を変更せざるを得なかった場合は対象となります。
(支払責任の変更に関する特約 第10条,支払責任の変更に関する特約(治療・救援費用担保特約用) 第9条)

4
Q:鳥インフルエンザ*に感染した方と同一便に乗っていたので、心配で検査をしたいのですが、その費用は対象になりますか?
A:検査のみの場合は病気ではありませんので、対象外です。ただし、検査の結果感染していたと判明した場合は最初の検査に遡って対象になります。
(支払責任の変更に関する特約 第2条(1),治療・救援費用担保特約 第1条@(2)ハ)

5
Q:帰国したら、特定地域からの帰国ということで強制的に検査を受けさせられましたが、その費用は対象になりますか?

A:上記に同じです。
(支払責任の変更に関する特約 第2条(1),治療・救援費用担保特約 第1条@(2)ハ)

6
Q:鳥インフルエンザ*専用の病院を指定されてしまいました。その病院は遠いのですが、交通費は対象になりますか?
A:その病院が最寄であってやむを得ない場合は対象になります。
(治療・救援費用担保特約 第2条@(1)チ,疾病治療費用担保特約 第1条A(1)ヘ)

7
Q:鳥インフルエンザ*の影響で海外旅行を中途で取りやめたのですが、何か保険で対象になりますか?

A:旅行変更費用担保特約をご契約いただいていれば、鳥インフルエンザ*により隔離されたり、親族の方が鳥インフルエンザによって長期に入院された場合に対象となるものがあります。
(旅行変更費用担保特約 第1条@(8))

8
Q:鳥インフルエンザ*の治療費は対象となりましたが、自宅を消毒するように命じられました。その消毒費用は対象になりますか?
A:命じられた消毒費用も対象になります。
(支払責任の変更に関する特約 第1条@(2),支払責任の変更に関する特約(治療・救援費用担保特約用) 第1条@)

9
Q:海外で鳥インフルエンザ*であると診断され、2週間隔離されて帰国できませんでした。その間の滞在費用や身の回り品、新たに必要となった航空機の費用は対象となりますか?
A:旅行行程を離脱したとみなされた場合には、交通費と宿泊費が対象になります。身の回り品は入院した場合に、5万円を限度として対象になります。
(支払責任の変更に関する特約 第1条A,支払責任の変更に関する特約(治療・救援費用担保特約用) 
第1条A,治療・救援費用担保特約 第2条@(2)ロ,疾病治療費用担保特約 第1条A(2)ロ)

10
Q:一緒に旅行していた友人が海外旅行中に鳥インフルエンザ*と診断されたために、自分も2週間隔離されて帰国できませんでした。現地において感染しているかどうかの検査を受けるよう指示されたので、検査費用がかかってしまいました。その費用は支払の対象となりますか?
また、その間の滞在費用や身の回り品、新たに必要となった航空機の費用は対象となりますか?
A:同行予約者が入院した場合は責任期間が72時間を限度として自動延長されますが、それ以上の滞在になる場合は保険期間の延長が必要です。また、ご質問の費用が対象になるためには被保険者ご自身が病気にならないとなりません。なお、家族旅行特約をご契約の場合で、ご家族どなたかの鳥インフルエンザ*による入院のためご家族全員が旅行行程を離脱した場合はご家族全員の交通費と宿泊費が対象になります。
(支払責任の変更に関する特約 第7条,支払責任の変更に関する特約(治療・救援費用担保特約用) 第6条)

11
Q:鳥インフルエンザ*にかかったため現地で治療を受けました。その際、感染を防ぐために身の回り品について全て破棄するよう言われました。その費用は支払の対象となりますか?
A:携行品損害担保特約では、国または公権力の行使によって生じた損害は免責となっています。
(携行品損害担保特約 第2条(8))

お客様の楽しい旅のために留学保険、AIU海外旅行保険をよろしくお願いいたします。ワーキングホリデー保険、駐在員保険もぜひご用命下さい。

2006年02月15日 | トピックス一覧


Copyright (C) 2007-- LYNX Co,.Ltd. All Rights Reserved.